キャッシングの限度額はどのように決められる?

キャッシングに申込みをすると必ず審査がありますが、その結果決められる借り入れ可能な最大の金額のことを、限度額や極度額などと言います。これは、キャッシング会社が申込み者の返済能力などを総合的に評価した上で、「この申込み者ならばこの金額までは貸し付けができる」と判断した金額のことです。

この限度額については、申込み者の収入の金額はもちろん、過去のキャッシングやクレジットカード、さらには携帯電話端末の分割払いなどを滞納せずしっかりと払っているかどうかも参考にされています。信用情報機関と言う場所で金融商品の利用状況はしっかりと情報共有がされていますので、お金の借り入れと言うことについてしっかりと対応できる人かどうかの判断によって限度額は大きく変わるのです。

仮にその人の収入がとても多い場合でも、他の会社から借り入れしたお金の返済が適切にできていない記録が残っていると、多額の限度額が付与される事はなく、また利用実績があまりない人についても同様に多額の限度額とはなりません。

キャッシングの審査で限度額が決定される際の評価の基準としては主に次のようなものがあります。

(1)勤務先について
まず勤務先についての情報は申込み者の収入がどれくらいの金額で、どの程度安定しているかという事の判断基準となります。キャッシングの審査では在籍確認という、勤務先として申告した会社に本当に勤めているかを電話で確認をする手続きが行われますので、本当は勤めていない会社を勤務先として申告しても絶対に通用しませんので注意しましょう。

(2)保険証の種類について
次に保険証の種類についてもある程度収入についての参考情報となりますので、限度額の決定に影響があります。一般的には自営業よりも会社勤めの人や公務員の方が収入が安定していると判断されますので、国民健康保険より社会保険の方が比較的評価が高くなると考えられます。

(3)借り入れの目的について
次に審査の際に申告する借り入れ目的も重要な要素となります。無理矢理事実と異なることを申告する必要はありませんが、ギャンブルの資金として使うなどと言う明らかに望ましくない借り入れ目的は審査に悪影響が出ますので注意しましょう。

(4)住居について
その他にも、申込み者が住んでいる住宅についても返済能力の評価の参考とされます。居住年数が長いほどよく、賃貸よりも持ち家の方が評価が高くなると考えられます。

キャッシングの申込みをする際の利用希望額の申請については、上記のようなことを参考にして決めるとスムーズな手続きができます。

ページの先頭へ