キャッシングの保証人とは?

キャッシングを利用する際によく理解しておきたいのが保証人制度です。 自分がキャッシングを利用しているわけではなかったとしても、知り合いから保証人になって欲しいと頼まれたことがある方もいるのではないでしょうか。

こういったことは非常に仲の良い方や親族からお願いされるケースも多く、なかなか断りにくいのが現状です。 絶対に迷惑をかけないと言われてしまうと断る理由もなかなか見つからなくなってしまいますよね。

ですが、保証人になる場合や、キャッシング利用時に誰かに保証人をお願いしようと思っている場合には保証人について正しく理解しておかなければなりません。

そもそもなぜお金の貸し借りにおいて保証人が設定されるのかというと、これは万が一契約者が逃げたり、お金を返済する能力がなくなってしまった際に代わりに借金を返済するためです。

つまり、誰かの保証人を引き受けるということは、その人が逃げたりした際に自分が代わりに借金を背負わなければならないということになるので注意しておきましょう。

また、保証人と連帯保証人の違いについても理解しておく必要があります。 まず、保証人というのは自分に取立てが来た際にまずは契約者本人の方に行くように断ることができるのです。 しかし、連帯保証人となってしまった場合、契約者と同じ責任を負うことになります。 つまり、貸主は契約者と連帯保証人どちらに対して請求をしても良いということになってしまうのです。

通常の保証人は借主が最も責任が重いのに対し、連帯保証人の場合は同じ責任を負うという違いがあるので注意しておきましょう。

低額のキャッシングであれば、連帯保証人や保証人を求められることはありません。 だからこそ気軽にキャッシングを利用する方が増えてきたのですが、もしも知り合いからキャッシングの保証人になって欲しいとお願いされた場合、かなり危険だと思っておいたほうが良いです。

その人は基本的には保証人が不要のキャッシングで保証人を求められるほどの信用しか得られていない方という判断もできるため、慎重に考える必要があります。

ページの先頭へ