キャッシングで見落としがちな手数料

キャッシングを利用する際には、いくら借りられるのか、いくら返済すれば良いのか、金利はいくらなのかといったことばかりを考えてしまいがちですが、手数料についてもチェックしておきましょう。

ここでいう手数料というのは、ATM利用時の手数料や振込みの際の手数料に関することです。

キャッシングを利用する際には借りたお金に金利を加えて返済をしなければならないため、できるだけ手数料は押さえておきたいですよね。 ほんの数百円程度でしょう?と思うかもしれませんが、繰り返し利用するとなるとかなりの金額になってしまうこともあります。

まず、ATMを使った場合の手数料についてご紹介しましょう。 多くのキャッシング業者はコンビニなどのATMと提携しており、返済や借り入れができるようになっています。 一般的に消費者金融を利用した場合、提携ATMを使った際に手数料がかかると思っておいた方が良いでしょう。

大手銀行カードローンの場合はどうなのかというと、こちらは無料だったり、特定の条件を満たすことにより無料になるところもあります。

ATMの手数料を支払いたくないということであれば、自社のATMを探して利用してみると良いですね。 自社のATMがどこに設置されているのかというのは、利用している業者のホームページなどからチェックできます。

特に自社のATMがないという場合、交通費をかけて行ったとしても意味がありませんが、近くにあれば活用してみましょう。

それから、ATMの利用頻度を少なくするということも大切です。 例えば、50,000円を借りる際に、10,000円×5回という形で借りた場合、これだけで500円以上の手数料がかかってしまいます。 一度で済ませられれば200円程度進むため、かなり違いますよね。

こういった小さな手数料は見落としてしまいがちではありますが、回数を重ねれば重ねるほど大きくなっていくので、賢く利用しましょう。

ほとんどの業者は借り入れと返済の手数料は同じになっていますが、ネット銀行の中には違うところも多いので確認し、正しく理解しておくことが大切です。

ページの先頭へ