総量規制とは?

消費者金融などからお金を借りようと思っている方は、「総量規制」というのを知っておかなければなりません。「貸金業法」の内容が大きく変わったことから新しく導入されたルールです。

具体的にどんなルールなのか、総量規制について以下で詳しく説明していきます。

総量規制とは?

総量規制とは、個人でキャッシング会社から借入をする際に年収の3分の1を超えてはいけないという規制のことをいいます。

例えば、年収が300万円だった場合100万円までしか借りることができません。
キャッシング即日-キャッシング以外でお金を用意するには

また、借入の金額が高い場合は収入証明書の提出が必要になります。これは、本人がきちんと返済できるかを確認するためのものです。

総量規制の対象・対象外

上で書いた通り、総量規制は借入についてのルールです。ですが一口に借入と言っても、総量規制の対象と対象外の取引があります。

これは、総量規制が貸金業法で定められた決まりであり、貸金業法は貸金業者を対象に定められた法律であるためです。

総量規制の対象とは?

消費者金融・クレジットカード会社・信販会社の3社との取り引きが対象になります。

3つ挙げた業者で借りる場合は、先ほども書いた通り年収の3分の1までと制限されてしまいます。他に、自分の年収が無い専業主婦が借入をしたい場合は、配偶者の同意書がないと借りることができません。

総量規制の対象外とは?

銀行からの借入は総量規制の対象外になります。他にも住宅ローン・自動車ローンなども対象外です。家や車といった大きな額の買い物をするときに借りるお金は総量規制の対象になりません。

他にも、個人事業主の借入や高額な医療費の貸付も対象外になります。

ですので、複数の消費者金融から借入をしている、総量規制の上限まで借入をしている方でも銀行のカードローンでしたら新規で借入が可能です。また、100万円~200万円までは収入証明書が必要ないので、消費者金融より借入が緩く大きな金額でも借りやすいのが特徴です。

総量規制はなぜ生まれたのか?

総量規制ができた理由は、返済が厳しくなり自己破産する人が増えたことが関係しています。

総量規制ができる前は、学生や主婦など収入が無い方でも簡単にお金を借りることができていました。しかし、収入の無い層がお金を借りてもきちんと返済するのは難しく、借金が増え自分の生活までもが苦しい状況になることが少なくありませんでした。

その一方で、返済ができず自己破産する方が増えたことで、消費者金融など貸金業者は貸付の回収が難しくなってきました。貸金業者が回収の手を強めると、貸金業者に対して規制を強める声が世間から挙がるようになりました。

貸金業法の改正

このような問題を解決するため、2006年に貸金業法が改正されました。

改正された貸金業法の内容には、一つは上限金利の引き下げ、もう一つは総量規制が加わりました。総量規制を入れることで、借り手の返済能力を超えた貸付けを抑えるためです。

つまり、総量規制は借り主を守るため法律です。

法的に借入の限度額を決めてしまえば、借り手の自己破産といったこともなくなりますし、借り過ぎる心配もなくなります。

総量規制の例外

総量規制には例外もあります。

「おまとめローン」を組んだ場合、年収3分の1以上の借入でも総量規制の対象外となり、借入が可能になります。

おまとめローンとは、複数の貸金業者から借入をして返済するのが大変・・・という方のために、借入を一つにまとめて金利と毎月の返済の負担を軽くしてくれるローンのことです。

つまり、おまとめローンによって借り手が有利になる場合、総量規制の例外として取り引きが認められています。

金利が低くなるおまとめローンを選ぼう

いくら毎月の返済の負担が軽くなるとはいえ、金利が低くならないと逆に返済の合計額が増えてしまい、利息が多くなってしまう可能性もあります。

そうなっては、せっかく返済をまとめた意味がなくなってしまうので、できれば銀行のカードローンを利用することをオススメします。


以上で総量規制について紹介してきました。

初めてお金を借りる方でしたら、総量規制を気にすることはないと思います。しかし、自分がどのぐらいまでお金を借りることができるのかは把握しておくことは大切です。

総量規制とは?のまとめ

・総量規制とは、キャッシング会社から個人の借入を規制する法律である
・個人の借入は収入の3分の1までしか借りれないこと、収入証明書の提出が必要の2点である
・総量規制の取り引き対象は、消費者金融・クレジット会社・信販会社である
・総量規制の取り引き対象外は、銀行・住宅ローン・自動車ローンなどである
・総量規制は、借り主の保護を目的として導入された
・借り主に有利なおまとめローンは、総量規制の例外扱いである

ページの先頭へ